ただ歩くだけが何故大切なのか? | 大人のウォーキング講座

ウォーキングのメリットの紹介

 

ただ歩くだけが何故大切なのか? | 大人のウォーキング講座

「ウォーキングなんてただ歩くだけなんじゃないの?そんなの誰でもやってるし効果なんてあるの?」

 

こんなふうに思われる方もいるでしょう。しかしそんな単純なウォーキングですが、われわれの身体にもたらすメリットというのは想像以上にあることをこの場でお伝えします。

 

人は歩くことによって健康を手に入れれるといっても過言ではあります。ではどのようなメリットがあるのかを具体的にみてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

ウォーキングのメリット

 

ウォーキングをするメリット大きく考えて次の5つあげることができます。

 

  • いつでもどこでも出来る
  • ダイエット効果が期待できる
  • 心肺機能が上場する
  • 体が引き締まる
  • 生活スタイルが改善する

 

では具体的に解説してみましょう。

 

いつでもできる(場所を選ばない)

ウォーキングするのに特別な道具はいっさい必要はありません。また時と場所も選びません。道具を必要としないので自分の思い立った時に気軽に行うことができます。

 

会社帰りでも良いですし、夕飯を食べた後でもできます。いつでも自分の好きな時に出来るのがウォーキングです。

 

脂肪が減る(ダイエット効果)

ウォーキングは運動の中でも有酸素運動に分類することができます。有酸素運動は文字どおり身体に酸素を多く取り入れる運動です。酸素を多く取り入れ新陳代謝を活性化させることで血液中の脂肪を減らす効果が期待できます。

 

長期間続けることで体に蓄積された余分な脂肪が燃焼されていくわけです。

 

心肺機能の向上

人間の心肺機能は年を取るごとに衰えていきます。衰えていく理由は加齢が原因であったり、タバコや排ガスであったり様々です。

 

しかしウォーキングのような有酸素運動を積極的にすることにより、衰えていた心肺機能が大幅に改善されることが報告されています。

 

体が引き締まる

ウォーキングは当然のことですが足を使って歩きます。足を使って歩くことで下半身全体の筋肉が収縮し、上半身に滞っていた血の流れがポンプのように循環するようになります。

 

体内で滞っていた血流が改善し老廃物の代謝がスムーズになります。ウォーキングを続けることで体のむくみが改善し、スッキリとしたボディラインとなることが報告されています。

 

生活スタイルが改善される

現代人は生活スタイルが乱れがちです。理由は深夜テレビであったり、仕事が忙しかったりと様々あります。生活スタイルを改善させるには決まった時間にある程度の運動をすることが良いとされています。

 

ウォーキングは運動の中でも、心臓や体に負担が少ない部類の運動でさらにある程度の時間をかけて行う運動です。生活スタイルを改善させたいのであれば、まずはウォーキング(歩く)することから始めてみましょう。

 

 

以上、ウォーキングのメリットについての紹介でした。たくさんの効果がありますが、ひとくちに言ってしまえば「健康的な体になれる」というわけです。大切なのは続けることですが、ウォーキングは運動負荷が大きくないので長続きしやすいという特徴もあります。

 

 

スポンサーリンク