ノルディックウォーキングってなんなのだ? | 大人のウォーキング講座

ポールを使ったノルディックウォーキングの効果

散歩に出掛けてるとよく両手に杖のような棒をつきながら歩いている人をみかけます。あれはノルディックウォーキングといってウォーキングの効果をさらに高める一つの運動なのです。

 

ノルディックウォーキングとは?

 

ノルディックウォーキングはスキーのようなポールを持って歩くウォーキングです。もともとはオフシーズンのスキー選手がトレーニングとして使用したことをきっかけに1930年代から普及し始めました。このノルディックウォーキングのおかげでスキーヤー達は1年中トレーニングができるようになったというわけです。

 

ノルディックウォーキングは一般的な歩行とは異なり、上半身の筋肉も積極的に使われ、首や肩の血行も促進され鍛えることができます。その運動効果は普通のウォーキングに比べてエネルギー消費量が平均20%ほど高くなるとされています。また足首・膝・腰などへの負担が最大40%軽減されたという研究結果が報告されてます。

 

近年になり日本でもその効果が一般的に認知しはじめ、エクササイズやリハビリ、フィットネスの1つとしてノルディックウォーキングが注目されるようになりました。

 

スポンサーリンク

 

ノルディックウォーキングの効果

 

  • 腕や肩周りの筋肉の強化
  • 転倒防止に役立つ
  • 運動効果が高まり、心肺機能が向上する

 

 

ポールの解説

 

ノルディックウォーキングってなんなのだ? | 大人のウォーキング講座

 

  • グリップ・・・手で握る部分
  • ストラップ・・・ストラップに手首を通すことで、強く握らなくてもすむ
  • スティック・・・グラスファイバーなどが使われていて、値段が高いものほど軽い傾向にある
  • チップ・・・ポールの先端部

 

 

ノルディックウォーキングの歩き方

 

ノルディックウォーキングってなんなのだ? | 大人のウォーキング講座

手首にストラップを通し、ポールの長さを先端が地面についた時にヒジが90度くらいに曲がる長さが目安になるよう調節します。

 

歩く時は手に持ったポールを地面に接地させてリズミカルに歩きます。ここで注意したいのは猫背や前のめりにならないようにすることです。またポールは長さあるので後ろに振り上げるような扱い方もNGです。

 

 

ノルディックウォーキングはただ歩くだけでなく、両腕も使うのでまさに全身運動となります。消費カロリーも飛躍的に高まりますので、全身を鍛えたい方や確実にダイエットを成功させたい方に向いています。

 

 

スポンサーリンク