男性の歩き方で性格が分かる?/大人のウォーキング講座

男性の歩き方で性格が分かる?

 

01: 名無し 投稿日:2010/12/02(木) 12:25:19.38
男は歩き方で性格がわかるらしいぞ。以下参照。

【 少し前を歩く 】
「亭主関白タイプ」です。行動的でリーダーシップもありますが、やや強引で自分本位な性格です。
家庭を持つと、妻子を守るという意識が強いので、受け身型で引っ張られたいタイプの女性は相性ぴったりでしょう。

【 並んで歩く 】
「気配りタイプ」です。女性のペースに合わせてくれるこのタイプは、優しい人が多いようです。
聞き上手だったり、さりげなく気遣ったりできる男性は、女性にモテます。
二人の関係がマンネリ化すると、つい浮気をしたり、他の女性からアプローチされたりする可能性があります。

【 左側を歩く 】
「順応性があるタイプ」です。ムード作りが上手で、その場の雰囲気を大切にします。
会話を楽しもうと冗談を言ったり、相手が好みそうな場所へ案内したりとロマンチックなデートをしたがります。

【 右側を歩く 】
自己主張の強いタイプです。好き嫌いがはっきりしています。
右前方を歩くなら、何事も自分が引っ張って決めたい人です。頼りがいがあり、面倒見のいい男性ですが、
柔軟性に欠け、敵を作りやすいという短所もあるといえるでしょう。

http://r.nanapi.jp/8348/

 

149: レンコン(USA) 投稿日:2010/12/02(木) 14:33:29.77 ID:8vBLuoHi0
>>1

それは歩き方ではなく
エスコートの仕方ですね

2: 注連飾り(山口県) 投稿日:2010/12/02(木) 12:27:00.92 ID:Ho30IciC0
一人で歩いてたら分かんないのかよ

4: サンタクロース(四国) 投稿日:2010/12/02(木) 12:27:38.15 ID:Jnr4zj2ZO
一緒に歩く人がいない

5: 冬将軍(チベット自治区) 投稿日:2010/12/02(木) 12:29:15.02 ID:8XgeFyVo0
なんで左を歩くと順応性で右を歩くと自己主張なの?
アホくせえ

7: 初夢(福岡県) 投稿日:2010/12/02(木) 12:30:24.70 ID:B0vGrtHJ0
横に並ぶと対向者に迷惑だろ

10: スキー板(北海道) 投稿日:2010/12/02(木) 12:31:34.21 ID:1iFGIWSf0
右手を壁に付けながら歩くは?

136: 大晦日(チベット自治区) 投稿日:2010/12/02(木) 14:10:38.52 ID:WYJaVzxY0
>>10
それ下校時の小学生w

12: クリスマス(神奈川県) 投稿日:2010/12/02(木) 12:32:10.95 ID:l+DdT/PA0
俺後ろからついてく行く

27: カリフラワー(神奈川県) 投稿日:2010/12/02(木) 12:39:19.13 ID:r+PDM41N0
「並んで歩く」は周囲に気配りできない自己中だと思うぞ

28: しぶき氷(東海・関東) 投稿日:2010/12/02(木) 12:39:42.57 ID:t/5DNs0yO
道路は一列で歩けよ
ドラクエで歩き方の勉強しろ

38: お年玉(北陸地方) 投稿日:2010/12/02(木) 12:43:53.37 ID:Li7FlS+3O
俺は右側を歩く派だが、それは俺が左利きだから
右利きなら左側を歩くだろう

39: ミュージックベル(中国・四国) 投稿日:2010/12/02(木) 12:44:02.97 ID:e0vBp4D2O
こっちの歩き方かよ
歩く際の全身の動かし方についての、性格との関係性を書いてるのかと期待したのに

67: 絨毯(東京都) 投稿日:2010/12/02(木) 12:57:07.41 ID:wbPzDvbK0
いつも一人だ

75: 運動不足(中部地方) 投稿日:2010/12/02(木) 13:02:16.46 ID:/ZLXnIyw0
血液型で性格を決めるのと同じくらいアホらしい

11: フライドチキン(埼玉県) 投稿日:2010/12/02(木) 12:31:37.08 ID:1rh4kWXq0
って思ったがオレいつも左側にいる気がしてきた・・・・

32: 押しくらまんじゅう(チベット自治区) 投稿日:2010/12/02(木) 12:40:57.69 ID:jn2gUEwy0
>>11
左側にいるのは自分の左側に相手を立たせたくないからでは?人間の体の左側には命を左右する心臓があります。無意識にそれを守ろうとする気持ちがそうしている
つまり左側に立つ人は隣に立つ人にあまり心を開いていないと推測できます
しかし隣の人はあなたが心臓側に立つことを許しています。もう少し心を開いてみてはいかがでしょうか

 

スポンサーリンク